特定技能ビザとは

2019年4月から新しい在留資格である「特定技能」が新設されます。特定技能ビザが創設されると、これまでは一部の例外を除いて外国人が働くことのできなかった、建設業界や造船業界、宿泊業界、外食産業などで、外国人が働くことができるようになります。

受け入れ可能な業種は入管法という法律で規定されるのではなく、法務省令で定められます。

したがって、今後「深刻な人手不足である」と認められれば、法改正に比べればはるかに容易な方法によって、他の産業にも拡大していく可能性があります。

特定技能ビザを活用した外国人労働者が気になったら

「特定技能ビザ」は制度が出来て改正も常にありますので、
常に最新情報をチェックしておく必要があります。
何か気になる事がああれば疑問・質問、お答えします!
まずはお気軽にお問い合わせください。