特定技能ビザを取得するために必要な試験とは?

特定技能ビザを取得するためには、「特定技能測定試験」と「日本語能力試験」の取得が必要となります。

具体的には、下記の2つが求められています。
・各分野における技能が一定水準以上に達している事

・生活や業務に必要な日本語能力

特定技能評価試験とは

特定技能評価試験とは、各職種ごとの業界団体が、国が求める基準をもとに「技能水準」の試験を行っています。

日本語能力試験とは

日本語能力を判断するために使われる試験としては、「国際交流基金日本語基礎テスト」または「日本語能力試験」が利用されます。

国際交流基金日本語基礎テスト
就労のために来日する外国人が遭遇する生活場面でのコミュニケーションに必要な日本語能力を測定し、「ある程度日常会話ができ、生活に支障がない程度の能力」があるかどうかを判定することを目的とした試験です。
海外での試験実施が多いのがメリットです。

日本語能力試験
原則日本語を母語としない人を対象に、日本語能力を測定し、認定することを目的とした試験です。
難易度はN1~N5まであり、N1が一番難しく、N5が一番簡単な試験になっています。

特定技能ビザではN4以上(基本的な日本語を理解する事ができる。)が求められます。

特定技能ビザを活用した外国人労働者が気になったら

「特定技能ビザ」は制度が出来て改正も常にありますので、
常に最新情報をチェックしておく必要があります。
何か気になる事がああれば疑問・質問、お答えします!
まずはお気軽にお問い合わせください。